2010年12月12日

オーパーツ*Out Of Place Artifacts



オーパーツが発見された場所や時代とはまったくそぐわないと考えられるモノを指す。
「out of place artifacts」=「場違いな工芸品」という意味です。

ピリ・レイスの地図は16世紀、オスマントルコの提督(海軍軍人)ピーリー・レイースが作ったモノでこの地図は模写で1513年に古代ギリシャの遺跡から写されたモノです。

a-t.jpg


ピーリー・レイースの地図に描かれている大陸間の距離や配置、大西洋の大きさ等がかなり正確に描かれている、アメリカの航空写真、NASAの人工衛星が撮影した地球の写真と比較した結果、高度約26000kmで見た地形とほぼ一致している。

1531年に作成されたオロンテウスの地図や1538年に作成されたメルカトルの地図、そして1737年に作成されたビュアッシュの地図等がある。

ピーリー・レイースの地図は1513年に作成され、1517年にエジプトを征服したセリム1世に献呈され、総計で33枚の地図を参考にしたと言われています。ピーリー・レイースが地図を描くにあたって参考にした情報資源には、イスカンダル王(紀元前4世紀のアレクサンドロス大王のこと)の時代から伝わるものを含んでいたともいわれる。

8枚はイスラム世界の地理学者のもの、4枚はポルトガルの航海者の作成したもの、1枚はコロンブスの新大陸地図である、残り20枚の詳細は明らかにされてはいない。




その他、オーパーツ

antikythera-as-found.jpg

【古代コンピュータ】



コスタリカ石球.jpg

【コスタリカの石球】



ooparts5.jpg

【古代航空機の模型】



139365169_45a6cc4a7d.jpg


sar_ironpillar2.jpg

【不思議な金属で出来た棒状のモノ】



マヤ遺跡ではクリスタルのガイコツ、宇宙飛行士の絵、恐竜の模型、イラクでは太古の電池、他には銃、ハンマー、異星人の模型や絵、世界中の遺跡など日本では沖縄の海底遺跡をダイバーが発見して有名です。



Dendera.jpg

【古代エジプトの壁画】



【ナスカの地上絵(グランド図面)】


※ナスカの地上絵では宇宙からでしか確認できない地上絵もNASAは確認しています。
posted by ma-kun(masanori shimodaira) at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 未知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。